2017年05月01日

コーヒーのある豊かな暮らし、上級クラスがスタート!

早いもので今日から5月が始まりますね♫

世間はG.W真っ只中ですが、当ブログをご覧いただいてる皆さまは
どのようなG.Wをお過ごしでしょうか?


美味しいコーヒー飲んでいらっしゃいますか?


ゆっくりできる時間だからこそ、自分のために、大切な人のために、
どうかコーヒーを美味しく淹れてくださいね。


その先にはきっと、
コーヒーの美味しさがもたらす  “ハピネス が待っていてくれていますよ。


IMG_6159.JPG



さて、今回は昨年4月から中国新聞情報文化センター様の中にある
ちゅーピーカレッジ@クレドビル教室で月1回開講させていただいております
「コーヒーのある豊かな暮らし」クラスについて書かせていただきます♫

img00.jpg

こちらも早いもので3月で中級クラスが終わり、
ついに上級クラスを開講させていただく運びとなりました。


中級クラスのラストを飾るのは、もちろん!
「コーヒー・マリアージュ」の世界です。


ただし、これまでとは異なり中級クラスの皆さまのレベルに添った内容で
スタイリングさせていただきました♫


その内容とは・・・

@課題スイーツ2種類のどちらかに合わせて、5種類のオリジン(素材)から1つセレクト
Aそのスイーツに合わせた抽出レシピを作って提供する




IMG_6213.JPG


難しすぎるんじゃない??

いいえ、皆さましっかり考えてコーヒーをセレクトされ、
協力しながらプレゼンして下さいました♫

IMG_5414.JPG

今回のスイーツは、私が愛して止まない スイートキッチンananas(アナナス)さんの
" カルテット" と “ショコラフロランタン”

IMG_5421.JPG

四重奏の意味をもつカルテットは、スイーツにも4つ重なり合うことで
味わえるハーモニーの美味しさがありました。

しかも、今回特別に皆さまにお召し上がりいただくために「エチオピア・ゲラ」の
コーヒーをクリームに施していただき、より一層コーヒーとのマリアージュが生まれやすいように
作って下さったのです。

ショコラ・フロランタンもキャラメルとチョコのバランスが絶妙な美味しさで最高でした!

スイートキッチン ananas オーナーパティシエ 
難波景子さん、本当にありがとうございました!!



IMG_5422.JPG

皆さまの一生懸命さは、このテーブルから見ても感じていただけますでしょうか? 笑


・濃度感
・共通するフレーバー(風味)
・合わせるもののボリューム


この3点において、2グループとも見事に “ コーヒー・マリアージュ” 
スタイリングしていただきました!!


IMG_5784.JPG
中級クラスの皆さまと最後の記念撮影。

※お一人様、お顔出しNGの方がいらっしゃり一部加工をさせていただいております。
 ご了承ください。

1年にわたり、わざわざこの教室に通っていただき
本当にありがとうございました!!

皆さまと出逢えて、私もたくさんのことを学ばせていただきましたし、
この先も 伝えていくことの大切さをより大切に
丁寧に取り組んでいきたいと思います。

IMG_5534.JPG

最後にお客様からお花までいただき、もう感動いっぱいでしたが、
これっきりではないと思って、涙はグッとこらえました。


そして、4月から始まりました「上級クラス」
このクラスのテーマは、“自分で美味しさを表現できるようになること” です。



第1回目は、その基本であるカッピング技術。

IMG_6214.JPGIMG_6179.JPG

上級クラスでは、人数がさらに絞られたので、お一人ずつ丁寧に指導させていただきました。

カッピングすることの大切さは、
抽出するにあたりそのオリジンのことを知るための欠かせない情報がたくさん詰まっています。


飲む前にも作法があったり、準備の仕方ひとつでも条件が変わってしまって正確な評価ができないので
その意味を理解していただくことでカッピングスキルに全て結びつけていきます。


今回のオリジンは、京都・カフェタイム様よりコーヒーを購入させていただき、
全部で5つでした。

 ブラジル・モンテアレグレ
 エチオピア・カファ・ゲラ
 ケニア・ニエリ
 コロンビア・サンパスカル・ハニー
 ホンデュラス・エルプエンテ・ゲイシャ

※京都・カフェタイムは、生産地へ訪れ生産者と向き合い、高品質なコーヒーを仕入れていらっしゃる
お店で、世界で最も厳格なコーヒーの品評会であるCup of Excellenceのベテラン国際審査員として活躍されています。
Online Shopもされていらっしゃるので興味のある方はチェックしてみてください。

生産国のこと、プロセシング(精製方法)、スペシャルティコーヒーのことの位置づけ、
香りが重なり合うことでわからりずらくなること、これらのコーヒーを味わいを通じて
色々なお話を改めてさせていただきました。


lexicon_cover.width-420.jpg   IMG_4362.JPG


コーヒの中に含まれる香りは大体800種類にも及ぶと言われていますが、
目の前のコーヒーがより明確に感じていただくために、
最近 World Coffee Research が発表した感応レキシカンを一部抜粋し、
資料として使わせていただきました。

WCRについて詳しくは、コチラから ↓↓
https://worldcoffeeresearch.org/work/sensory-lexicon/

国際的な研究機関が、新しい品種開発プロジェクトのために開発したツール。
センサリー レキシコンとは味や香りの定義をまとめた語彙集のことで、 
新しい品種は交配元の特性をどれくらい受け継いでいるか?、
という数値では表しきれないものを評価するツールです。

この資料から香りの種類や酸味の質について、皆さまに共有し
それぞれのコーヒーから明確なフレーバーを共有しながら、
Sweetness(甘味) / Acidity(酸味) /  Bitter(苦味) がどれくらいのボリュームを感じられるかetc.
具体的に感応をトレーニングするような実習を行いました。


香りの表現や、重なり合う感じは、『 Le Nez De Vin 』 を用いて詳しく解説。
コーヒー専用は、『Le Nez du cafe』ですが、私はこちらもオススメしています。

同じフレーバーでもほんの少しだけ香りのニュアンスは異なりますが、
ワインの勉強もコーヒーの勉強も通じることがありますし、香りの種類が圧倒的に多く、
学ぶのに楽しい教材という理由からオススメです。


いずれも、香りには賞味期限がありますので勉強には新しいものをお使いくださいね。


IMG_6178.JPG


上級クラスも残りあと、5回でいよいよ卒業となります。


昨年4月開講当初は、上級クラスまで求められる日がくるなんて・・・
想像もしていませんでした。


ちゅーピーカレッジをはじめ、今こうして活動を続けてこれているのは、
スペシャルティコーヒーが教えてくれた美味しさがあったからだと思います。


そしてこの先は、培ってきた知識や経験を積むために欠かせない環境。
コーヒーを通じて出逢い、サポートをして下さった皆さまに感謝し・・・

私を信じて美味しいコーヒーを追求することに着いてきて下さった方この6名様と
スペシャルティコーヒーの世界に還元できるようしっかり務めたいと思います。


長くなりましたが、最後まで読んで下さった皆さまにおいても
ありがとうございます。

毎日チェックして下さる方の数がどんどん増えてきて書く内容も悩みますが、
着飾っても仕方ないので、私は変わらず想いのまま記すことにします。


++++++++++++++++++++++++++++

     杯の美味しいコーヒーがもたらす幸せ。   
   美味しいコーヒーがただのコーヒーで終わらせないためにも  
お客様それぞれに響く言葉でお伝えし提案していくことで                            
        日々の暮らしがより豊かになってほしい     
                              
++++++++++++++++++++++++++++

Styling coffee (スタイリングコーヒー)この先も変わらず、
大切にしつづけたいと思います。

今後ともご愛顧・ご愛読のほど宜しくお願いいたします!!
タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 14:00| Comment(0) | レッスン開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: