2017年09月18日

グランドフィナーレ♪with 撮影日記 @ちゅーピーカレッジ

昨年4月から始まった@ちゅーピーカレッジクレドビル教室。

「コーヒーのある豊かな暮らし」をコンセプトに
コーヒーでおもてなしができるよう初級・中級・上級クラスと
ステップアップでレッスンを開催させていただいておりましたが、
今月9月をもちまして、全18回にて無事に終了いたしましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


IMG_9735.JPG


まだまだちゅーピーカレッジ様からは教室のご依頼をいただいている現状ですが、
このお客様においては「卒業」させてあげてたい。そして、自分で創造していくことの楽しさを
味わっていってほしい。そう思って寂しい気持ちはたくさん堪え、
この18回目の上級クラス#6で終止符を打つことを決断しました。

要は、セミプロとしての認定ということです!

しかしながら、また学びたい気持ちがあったらその時は喜んで手を差し伸べたい。
そう思っております。

そんなことを思ってこの日を迎える当日。

ここまでついてきて下さったことへの感謝と
いつしか、私がお客様からコーヒーのある豊かな暮らし(時間)をいただいていたんだなと実感し、
ラストは感極まり、涙があふれる場面もありました。


簡単ですが、開催報告として記事を書かせていただきます。


記念すべきグランドフィナーレ当日は、
今秋冬発行のフリーペーパー「マナビスタ」の表紙に掲載していただける事となりまして、
その取材&撮影と重なり、レッスン当日はコーヒーマリアージュの合わせる食材調達もあったりで
もう慌ただしい時間で気付けば、感動で終わっていた・・という緊張感と感慨深い1日でした。


表紙を飾るということで、この日はいつもお願いしている
広島市中区大手町にあるヘアサロン「plein de coeur (プランドゥクル)」秋本先生のお店で
美しくヘアメイクをしていただき、撮影&取材そしてグランドフィナーレにおいて
最高のモチベーションで向かうことができました!


osora_top028.pngIMG_9699.JPG

秋本先生率いるこちらのサロンは、県外をはじめ芸能人も多数訪れるほどの有力な技術をお持ちで
毎年イギリス・ヴィダルサスーンのヘアトレーニングの研修やコンテストにも力を注ぎ、常にスキルを磨いている。
そんなエネルギッシュとセンスと愛にあふれたお店です。

私もある方に特別にご紹介いただいて、秋本先生にお世話になることが叶いました。


そしてこの日は、ラッキーなことに秋本先生によるヘアセットと
前田スタイリストさんによる3Dメイクをしていただくことが叶い、
撮影までに汗をかいたり走ったりしても全く崩れなかったほどのプロの技術の高さを
改めて実感した日でした。


秋本先生、前田さん、その他「plein de coeur (プランドゥクル)」スタッフの皆さま
お世話になりまして本当にありがとうございました!!
近いうちに美味しいコーヒーの差し入れをしたいと思っております。




気になる肝心な写真の出来映えとは??


まだ私もわかりません。笑


受講生が撮ってくださった1枚入手しましたのがコチラです!

IMG_9732.JPG

 いかがでしょうか?  笑。

 私はとても気に入っています♡


 この瞬間、私も久しぶりの取材ということと、教室の様子も撮影があったので
 お客様たちも緊張されており、何とかこの空気を落ち着かせねば・・・という
冷静に戻るためにコーヒーと真剣に向き合っている時の一瞬のタイミングでした。


普段は笑顔で務めていますのでご安心くださいねあせあせ(飛び散る汗)


 どの写真が使われるのか私もわかりませんが、
ここはプロカメラマンのすご腕に任せたいと思います。

10月末に出来上がるそうなので、またその頃にご紹介させていただきますm(_ _)m



さてさて、記念すべきグランドフィナーレはどうだったのか?
と申しますと・・・


スイーツとパンを用いた コーヒー・マリアージュの体験会 でしたぴかぴか(新しい)

IMG_9954.JPG

ここで簡単にセレクトしたスイーツとパンの種類をご紹介させていただきます。
 ※商品名ではありません


side_top.pngパン
 ○ クロワッサン
 ○ サンドイッチ
 ○ チーズ入りグリッシーニ



IMG_9953.JPG



side_top.pngスイーツ
 ○ ホワイトチョコムース×紅茶×ストロベリー
 ○ カシスムース×ミルクチョコ×ダークチョコ+マカロン
 ○ いちごのタルト(アーモンド風味)
 ○ レモンゼリー入りバームクーヘン


 これらに加えて、お客様お手製無花果のジャムを差し入れにいただきましたので
 題材に加えさせていただきました♪



そして、気になる本日のセレクトコーヒーは・・・

 ○ ブラジル
 ○ ケニア
 ○ コロンビア
 ○ エチオピア
 ○ インドネシア・マンデリン

これらを、それぞれのジャンルでカテゴライズして
味わいの感じ方・相互がもたらす作用・ペアリングの効果を知り、
マリアージュをさせるポイントまでをこの会でレッスンさせていただきました。


どれが皆さまにとって、最高の美味しさであったかはわかりません。



なぜなら、最後の美味しさの要因を決めるのは、
環境・心理的要因に大きく左右されるからです。


この教室で大切にしていること・・・
それは、日々の暮らしにヒントとなることを「提案する」「気付いていただく」
そんなことを大切に務めさせていただきました。


今、JHCカフェリナレジスタードマーク協会でさせていただいている「コーヒースタイリスト」の講座で
学ぶようなことをじっくりゆっくりさせていただいたのがこの「コーヒーのある豊かな暮らし」クラスでした。


どれだけストーリーが決まっていたとしても、
登場人物や俳優さんが異なれば描かれるストーリーも感動の大きさも異なるように、
この教室においてもこの皆さんでなければ、このような素敵なエンディングも迎えれなかったのでは?と
思っております。


初級クラスは満席の12名様でスタートしましたが、
中級では10名様、そして上級クラスでは6名様と徐々に人数を絞っていきましたが、
皆さまそろって終了することができ本当に嬉しく思っています。


そんな気持ちをカタチに表現したくて、
私なりに考えプロの力をお借りし世界に一つだけのカップこの講座の卒業の証
手渡しで授与させていただきましたるんるん


IMG_9668.JPG IMG_8262.JPG


日頃からお世話になっております FBCインターナショナル様お取り扱い商品
k-ai ORIGAMIシリーズ Aroma Mug.(アロママグ)


形状がワイングラスのように香りがとりやすくなっており、
それに加えて、Styling coffeeのロゴと反対の面に私からのメッセージが刻んでおります。

(メッセージはこれを手にされた方のみの特典として伏せさせていただきますがご了承ください)


誰かのために美味しくコーヒーを淹れていただきたい気持ちと
最後は自分のために淹れていただきたいという気持ち。
それが巡りめぐって、コーヒーに還元される。。。 そんな想いを込めたメッセージです♡



IMG_9695.JPG

最後にサプライズで皆さんからお花をいただきました♡
この上ない喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。


皆さまの貴重な時間をこの教室に費やしていただき、
本当にありがとうございました!

ちゅーピーカレッジクレドビル教室の皆さまのお力添えがなければ、
こういったことも経験できなかったと思います。

最後になりましたが、この写真を撮影いただきながらも、最後のフィナーレを盛り上げてくださった
フォトグラファー キクイヒロシ様・ライター 住田茜様 にも心を込めてお礼を申し上げます。


なお、教室は従来同様に第2金曜日13:00-15:00
3回完結で開催いたします。(10月〜12月)

レッスン内容は、3回完結となりますので
「創ることの愉しみが感じられる」ことに重点をおいて開催をさせていただきます。




当Blog愛読者の皆さまにおかれましても、
見に来てくださるということは、既にコーヒーのある豊かな暮らしをされていらっしゃる事と思います。


コーヒーは嗜好品ではありますが、
人の心を動かすほどの力をもっています。


また時には、その人の人生までを動かしてしまう、
そんな奥が深くこの先も発展していく世界です。


DSC04201.jpg


スタイリングが変われば
その美味しさも、時には倍増することもあります。

それは腕があるということではなく、
コーヒーがそれほどのパワーを秘めているということです。


創造もはるか違う次元にぶっ飛ぶ経験も
私も幾度となく体験をさせていただいております。



コーヒーを通じてこのBlogに辿りついて下さった皆さまとも
いつの日か一緒にコーヒーを淹れる機会・飲む機会がもてると嬉しく思います。




その時がくるまで、日々精進しますので今後とも宜しくお願いいたします!

IMG_9711.JPG

お客様からいただいたお花を見て余韻に浸っていたら、つい長くなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
ホント素敵なお花で、豊かな時間でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。



Styling coffee
タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 16:00| Comment(0) | レッスン開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: