2017年12月29日

2017年の締め。


年の瀬に Styling coffee オフィシャルブログ 「コーヒー∞わたし」に
ご覧くださるご愛読の皆さまに 心よりお礼を申し上げます。



早いもので、2017年も残すところと2日となりましたね。
本年のラストの記事を書きたいと思います。


僭越ながら、Stylign coffee(スタイリングコーヒー)をより知っていただくために
2017年を少し振り返ってから年末のご挨拶とさせていただきます。



振り返ること・・・2017年。
一言で申し上げると、「はしる」一年だったと思います。



「走る」これはいつもながらなのですが、
物事がうまく進んでいく様子を意味の「はしる」です。



それは、そのように道をひいて下さる方が居て、水がこぼれないようにと
支えて下さる方が居てのことで、うまく流れ出したという感じでしょうか。


実際には、まだまだ事業を始めたばかりなので、
コーヒーで言うところの「種」を蒔かせていただいた一年だったと思います。


コーヒーのスペシャルティコーヒーの定義に
「from Seed to a cup(コーヒー豆の種子から一杯のカップになるまで)」という
意味を表す言葉があります。


SCAJ スペシャルティコーヒー協会リンク先 ↓↓


種から芽が出るまでの忍耐
芽が出てから収穫できるまでの努力
いろんなことをこれから経験するために、2016年は 土を耕すように「耕起」。
お仕事を開拓し、そこから 2017年は「種蒔き」をさせていただき、
この先どこでどんな風にが出るのか?どんなが咲き、らせるのか?


芽が出るためにこれから一緒に育てることをお手伝いをさせていただくという年になるのが
来年の2018年だと私は予想しております。


ご愛読者の皆さまにおかれましても、そんなイメージで
乞うご期待いただけましたら幸いです。



本当に有り難い機会にたくさん恵まれました。



目の前のことを一所懸命取り組みつづけたら、気づいたら1年経っていたという状態なので、
大小なくどのお仕事も私にとっては、大切で有り難いお仕事でした。


・ ブログをさかのぼっていただけると、これまでのことをかいつまんで
・   書かせていただいておりますのでお時間があればご覧ください 



2017年。
今年も Styling coffee として  大きな"4M (Mission)"  いただきました。



先ず1つ目のMは、資格制度のコース設立のサポートですぴかぴか(新しい)



事の始まりは、一般社団法人ジャパン・ホーム・カフェリナレジスタードマーク協会理事長である平川広代様より
既にされていらっしゃる講座に必ず必要となってくるのが、「コーヒーなんです!」という
熱い想いがこもったお話から始まりました。


最初は、私にそのようなことができるのか?
または務まるのか?と不安ながらも、私も自分が今行なっている取り組みがいつまで続けられるか?


続けられなくなった時に次の人に託したい。


また私が活動しているエチオピア・ベレテゲラを認知する活動の場にもなれば・・・

(少し割愛しておりますが)

そんな気持ちから、
資格名を " COFFEE STYLIST ( コーヒースタイリスト ) " という
職業として成り立たせてあげれるような素晴らしい知識と技術がギュッと詰まったものを作れれば!
そんな想いから受講し認定された人たちをも守るために、初めての「商標登録」も行いました。

まだレジスタードマークマークは獲れていませんが、来春には取得できるかな?という状況です。


認定後は、一人でワークショップが行えるようになったり、
既に料理やパンを作れる方であれば、コーヒーマリアージュを一人で完結することが
できるほどにまで知識とコーヒースタイリストとしての必須のスタイリング術が身につきますぴかぴか(新しい)



IMG_8388.JPG  IMG_9826.JPG


その他必要に応じて、カフェリナ協会からのサポート
Styling coffee からのお仕事のご紹介も受けられます。



COFFEE STYLIST トレードマーク(TM) の詳細についてはリンク先からご覧ください ↓↓


JHCカフェリナレジスタードマーク協会からのお申込み先はコチラから ↓↓
https://ameblo.jp/delicafeh/entry-12271987161.html




そして2つ目のMは、Pop Up SHOP(限定ショップ)
コーヒーマリアージュの提案(ワークショップ)ですぴかぴか(新しい)



IMG_5266.JPG IMG_7275.JPG

IMG_8820.JPG IMG_9732.JPG  

DSC06399.jpg  IMG_0696.JPG

IMG_0378.JPG   IMG_1181.JPG
IMG_8025.JPG     IMG_1245.JPG


 IMG_5177.JPG   ブログ120403.jpeg  

 IMG_5652.JPG  IMG_4029.JPG 

IMG_5779.JPG  IMG_6373.JPG

IMG_6982.JPG IMG_2457.JPG


IMG_9695.JPG


ザッと並べた写真だけでも、これだけありましたかわいいあせあせ(飛び散る汗)


どれもこれも懐かしく、まだまだ載せたい写真もあるのですが、
既に沢山になってしまったので、気持ちはグッと抑えておくことにします。


出店に伴い、ご協賛・力強くサポートしてくださいました企業様をはじめ、
ご来場・ご来店くださいましたお客様におかれましても
誠にありがとうございました!




そして3つ目のMは、イタリア・ミラノに50年以上歴史をもつエスプレッソグラインダー
Anfim S.r.l社 Official  Ambasador として今年も認定を受けることができたこと ですぴかぴか(新しい)



昨年日本の正規総代理店であるFBCインターナショナル様のブースバリスタとして
オファーをいただき、そこでの抽出技術やお客様への対応を評価をしていただき
有り難いお話へとつながった訳です♫

イベントが終わった時にはLuca社長から「さおりんAnfim」 とまでお褒めくださいました。
...  もちろんジョークなのは理解しています。笑


2年目となる今年も無事にそのミッションをクリアすることができましたぴかぴか(新しい)

IMG_0299.JPG

記念写真は、一番左から順に FBCインターナショナル 上野社長、次に私。
中央は、前職 UCCホールディングス株式会社上島会長。
その隣がAnfim S.r.l.Luca社長。
HEMRO Asia sales Manager William氏(左)です


もちろんこの背景には、 FBCインターナショナル 代表 上野 登 様の
後押しがあってのことだと感謝をしています。

IMG_0300.JPG

詳しくは過去のページでも書かせていただいておりますので、よろしければコチラからもご覧下さい。


Anfim Milano社のHPはコチラからどうぞ。


バリスタでもなかなかこのような経験をさせていただくことは、
本当に " 一握りのバリスタ " だけだと思います。


だからこそ、より一層背筋が伸びる想いで、
コーヒー業界に還元できるような日々の活動教室でお客様に何を伝えるか?
そんなことを考えさせられる一年でした。



ラスト4つ目のMは、バリスタコンサルタントの請負先として
ここ2年ほどお付き合いのあるクライアント様の強化選手を
バリスタの抽出競技大会の全国優勝させること でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



そして、見事、叶いました!!



嘘のようですが、本当のお話です。


IMG_6698.JPG
記念写真は、一番左から順に 有限会社タイムズクラブ 糸井優子社長。
中央が、見事全国大会チャンピオンとして輝いた 同社 永田陽介 バリスタ。


そして、そして!
次の強化選手もその次の大会で見事、地区チャンピオンとしても
輝いてくれましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_0940.JPG
記念写真は、チームカフェタイムの皆さんと。
中央が、見事チャンピオンに輝いた 柴田 安理沙バリスタ。(同社スタッフ)
その隣が有限会社タイムズクラブ 糸井優子社長。


連続でこの結果は、最高の結果ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

選手本人の計り知れない努力と、チームカフェタイムの皆さんのサポート体制が
見事この結果をいただくことができたのだと思います。


これまでが自分がスポットを浴びさせていただく立場でありましたが、
このように自分が関わった人たちにスポットが浴びることは、感動で涙が止まりませんでした。


最高の一杯に向かっていく姿勢になるだけでも嬉しいことではありますが、
私もこのように一緒に夢を見させていただくこと、そんな幸せをも感じさせていただいております。


昨日の記事にも書かせていただいた大会のご案内が、
この全国大会のステージとなります。


ますます私もプレッシャーはかかりますが。笑
選手だけにそのプレッシャーがかからないようしっかりサポートをしたいと思います。


そのほか、Umi Cafeメンバーの皆さんの活躍も私の中では
一緒に夢を見させていただいている方々でもあります。


そんなこともあり、当Blogでは何度も登場することとなるかと思いますが、
皆様も一緒に見守っていただけましたら幸いです。



以上、長くなりましたがこれらの4つの M (ミッション) のおかげで、
私は今もなお "創造すること" にチャレンジできています。


そして、これらがとなり、新たにチャレンジするべきことも明確になり
来春にはご報告できるよう準備している次第です。



何かを得るものためには、自分の信念を貫くこと。



しかし。
その先には得るために、手放さないといけないこともある。


これらは、昨年も感じたことですが、
ステージに上がり続けるためには、それまでの準備がどれだけ大切か。



時間をかければ良いという訳ではなく、どんな準備するのか?
また抱えれる手は2つしかないので、時には手放す勇気も必要。



そして今年、手放すものが大きければ大きいほど
その代償はこれまで経験したことのない感動幸福感を生む



その言葉の通り、たくさんの感動と幸せな気持ちになる笑顔をいただきました。

 ・
 ・
 ・

この先も忘れず、驕らず、大切に信じていきたい。



コーヒーは、人にとんでもないパワーを与えてくれる。


そのスタイリングが間違っていなければ、
人の人生を変えてしまうほどのものすごいパワーを発揮するぴかぴか(新しい)




そんなことを実感することができた2017年


支えてきてくれたコーヒーと
コーヒーでつながることのできた皆様に心より感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました!


沢山の人たちの名前はここで挙げれないので、
せめてものお礼として 2017年お付き合いくださいましたクライアントの皆様
五十音順に ご紹介をさせていただきます !!




acaia.corporation 様
ANFIM.S.r.l 様  

一般社団法人ジャパン・ホーム・カフェリナ協会 様

株式会社中国新聞 文化センター ちゅーピーカレッジクレドビル教室 様 

株式会社パルコ 様

株式会社日月 様

株式会社福屋 様

株式会社ファーマインターナショナル 様

株式会社ローカルズオンリー 様

家庭焙煎珈琲 ann 様

CAFERINA (カフェリナ) 様

CREER (クレエ) 様

シェ・ノグチ 様

スイートキッチンananas 様

日本スペシャルティーコーヒー協会 テクニカルスタンダード委員会 様 

広島ガス株式会社 様

広島ガス北部販売株式会社 樣

広島ガス呉販売株式会社 様

広島製菓専門学校 様

広島テレビ放送株式会社

ひろしまみなとマルシェ事務局 様

広島Law&Business専門学校 様

MOUNT COFFEE (マウントコーヒー) 様

三菱地所コミュニティ株式会社 様

三菱地所レジデンス株式会社 様

MIRASAKA COFFEE (三良坂コーヒー

Mare Felice (マーレ フェリーチェ) 様

有限会社FBCインターナショナル 様 

有限会社タイムズクラブ (カフェタイム)様

有限会社浪漫珈琲(尾道浪漫珈琲)様

UCCフーヅ株式会社 様

UCCホールディングス株式会社 UCCコーヒーアカデミー様

ラッキーコーヒーマシン株式会社 様



以上の  33の皆さま におかれましては、格別のお引き立てを賜りましたこと
厚く御礼を申し上げます。


またその他、   "縁の力持ちとして"
Styling coffee の後ろ盾となり力強いサポートをしてくださった皆さま


菊井 博史 様    // フォトグラファー                  
住田 茜 様    // エディター・ライター             
Design Lokki 様 // デザイナー

fleurs verdure Mou 様 // フラワーデザイン
Sac.sac 様  // ロゴ・名刺デザイン          
plein de coeur 様 // Hair make up  


感謝の気持ちを込めまして、改めてお礼を申し上げます !!
ありがとうございました〜ぴかぴか(新しい)



1番最後になりましたが、
 "Styling coffee  オフィシャルBlogご愛読の皆さま"  におかれましても
2017年最後までお付き合いくださいまして誠にありがとうございます。


DSC04201.jpg

来年も変わらずご愛顧のほどお願い申し上げますとともに
これから始める新しい年が皆さまにとって良き一年となりますことを祈念しまして
年末のご挨拶とさせていただきます。


2017.12.29
Styling coffee  
代表 神原さおり  
タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 18:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: