2018年05月25日

スペシャルになる理由。

今日も Styling coffee オフィシャルBlog 「コーヒー∞わたし」を

ご覧いただきまして誠にありがとうございます!!

日に日に増えていくご愛読の皆さまの数に心より感謝しております。


--------------------------------------------------------------------------



皆さま、こんにちは!


G.Wも終わり、気づけばもう5月も終わろうとしていますね。


初夏を思わす日差しがヒシヒシと強くなってきている今日この頃ですが、
当Blogのご愛読の皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

コーヒーのある豊かな時間をお過ごしになられていましたら幸いです。


Styling coffeeも、有り難いことに少しずつファンのお客様についていただき、
取り扱っているエチオピア・ベレテゲラの森で自生するコーヒーにも興味を持っていただいたり、
ドリップバッグの製作を機に、コーヒーを日々の生活に取り入れていただき始める
お客様もいらっしゃったりで、嬉しい出来事が続いております。


またその他、日本のスペシャルティコーヒー協会のテクニカルスタンダード委員に
私も務めていることから、先日中国エリアでもセミナーの開催をさせていただきました。


今年で3回目となる会場は、
初となる 尾道浪漫珈琲 三成店 様ですかわいい


0E61502F-95D7-49A1-80CD-091E45B4244C.jpeg

6D1709BE-13F1-4776-9020-E928E74E48F3.jpeg

尾道浪漫珈琲様は、尾道商店街に本店を開店してから、
早やまもなく25周年を迎えようとしている広島では歴史のある自家焙煎珈琲店で
サイフォンコーヒーを主体とした純喫茶のお店です。


尾道・広島市内に7店舗展開し、
その中で新しい店舗がこの三成(みなり)店様となります。


三成店は、焙煎工場の機能を集約させる他、研修・研究施設 Laboratory (ラボラトリー)
設備が整ったお部屋が併設されており、そのお部屋とリザーブと呼ばれる個室のお部屋をお借りして
開催をさせていただきました。



C78D1853-B6F5-4D75-851E-ADD8E7741983.jpeg

気になるセミナー内容は、スペシャルティコーヒーの成り立ちから
一体どんなコーヒーをスペシャルティコーヒーと呼ぶのか?etc.

講師陣は、各分野でプロフェッショナルな功績を残されている委員が全て講師が務めます。



DD800003-0C9A-4FBC-829A-507B4CE20409.jpeg

サポートは、この回は尾道浪漫珈琲様のスタッフ様がお手伝いくださいまして
円滑に進めることができました。誠にありがとうございました!
講師陣の皆さまもご遠方から応援いただきまして、ありがとうございました!!






2DABB794-86ED-479B-A1D2-F4596594B375.jpeg


初級カッピングセミナーは、その名の通り、カッピングが初めての方や
スペシャルティコーヒーをビジネスとしてコーヒー業を営まれている方、
また久しぶりにカッピングをされる方etc.
様々な方を対象としたセミナーです。



オフィシャルなセミナーでは、味覚の感度が優れている人やコーヒーの経験値の差で
カッピングスキルは大きく分かれることが心苦しく、
気恥ずかしく思う人もいるかもしれませんが、


ここで大切なのは、
カッピングスキルが素晴らしいことを問うのではなく、
カッピングスキルを養うこと。

つまり、「基本(基準)を知る」 ということです。


1セッション 8カップ × 3セッション 行いますので、
全部で 24カップを通して スペシャルティコーヒーの素晴らしさやスペシャルになれなかった理由などを
共有してカッピングのスキルや表現方法などを学んでいただきます。


1日カッピングすることを考えるとゾッとする方もいるかもしれませんが、
言い換えると 1日かけてゆっくりスキルにしていくのと、1日で基準を学ぶことができると思えば、
委員としては恐れずこういったオフィシャルなスペシャルティコーヒーのカッピングの場には
参加していただけることを願っています。


中国地方のセミナーは、私が担当をさせていただいておりますが、
このオフィシャルなセミナーは、残念ながら年に1回となります。


理由は、その他でも同じように、各地でセミナーを開催しているからです。



次は、九州・東京・名古屋・神戸と続きまして、
毎年7月下旬には、カッピングの日本代表を決めるカッピングのコペンティションを開催していますぴかぴか(新しい)

詳細は、SCAJ 日本スペシャルティコーヒー協会のHPからご覧ください ↓↓



カッピングスプーン1本で世界で戦えるなんて、
なんかカッコいいですよね。


セミナーにおいては、参加されましてもそこまで目指すことは求められていないので
ご安心くださいね。


スペシャルティコーヒーと向き合った際に、せっかくコーヒーが素晴らしいのに、
その辺と同じような扱いや飲まれ方されるよりかは、
せっかくならその美味しさを自分の言葉で表現できることが素晴らしいと思います。



その一歩として、このようなセミナーがあること、
どうか当Blogご愛読の皆さまにも知っていただきたいと思いまして
今回書かせていただきました。


なんてったって、コーヒーは長い長い道のりを経て
わたしたちの元へやってきてくれるのですぴかぴか(新しい)


お花が咲いて、実がなり、その中に入っている
種子がコーヒー豆なのですから、
品質がよかったらフルーティーなのはご想像いただけると思います。



どんなコーヒーがスペシャルとして評されるのか、
その過程を知ってみたくありませんか??

1882BCEF-8DD0-4ED1-B3EA-6DB85A487B80.jpeg 65684528-B812-4372-8846-638CD525ECEF.jpeg


実際にご自身の目で確認されたい方は、
三成店の玄関にも今なら咲いてたり、実がついているところを
ご覧いただけます。
(花の命は短いので、ご来店時に咲いていないこともご了承の上ご来店ください)


お店もスタッフも皆さん素敵ですし、
サイフォンコーヒーで香り高いコーヒーの美味しさをもとめるなら間違いないお店です。

ぜひ足を運んでいただけましたら、私もつながる者として光栄です。




いつも何気なく飲んでいるコーヒーにも
一つ一つに ストーリーがあります。



そのストーリーが知れたら、
またコーヒーが一段と美味しく感じるかもですねかわいい




DSC04201.jpg


今日も、わたしだけの「コーヒーのある豊かな時間」をお過ごしくださいるんるん

タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 12:00| Comment(0) | イベント開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: