2018年12月28日

「義援コーヒー」のご報告とお礼

今日も Styling coffee オフィシャルBlog 「コーヒー∞わたし」を

ご覧いただきまして誠にありがとうございます!!


日に日に増していくアクセス数に力をいただいております。

変わらずご愛読下さる皆さまにも心より感謝します。

--------------------------------------------------------------------------


広島の今朝は、初雪がチラチラしていました。

年の瀬でお忙しくされていらっしゃる方も多いことと思いますが、
今日も美味しい時間を過ごされていらっしゃいますでしょうか?


Styling coffeeもご挨拶まわりを始め、
2019年が幸先が良く開花するようにと
年の瀬にお時間を作っていただいた方とのお打ち合わせ時には、
心を込めてコーヒーでおもてなしをするなど
大切な人とのコーヒーのある豊かな時間を過ごしております。


さて、今日は当Blogをご愛読してくださっている皆さまに
ご報告があります!!

いつしかの記事で書かせていただきました コーヒーでつながる人たちの想いで実現しました
「がんばろう!日本」義援コーヒードリップバッグコーヒーの件について書かせていただきます。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4060.jpg


事の発端は、記憶がまだ新しい7月に起きた「西日本豪雨災害」

私はSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の委員活動で名古屋にいました。


その際に県外で放送されていた広島を中心に被災した現場の放送を観た後、
実際広島県内で放送されている被災の影響についてテレビから知る事、
被災地から知り得る情報に直面した時、
これまで広島でお世話になった人・お客様たちの顔が次々と浮かびました。

安否確認できる人できない人。
今でもその時の襲う恐怖感と確認できた時の安堵感は鮮明に覚えています。


ライフラインが落ち着いた時には
ぜひコーヒーで少しでもゆっくりとした時間を過ごしてほしい。

コーヒーでボランティアができたら・・・

そうは思うもののなかなか動けない自分にも腹立たしさを感じながら
日々前を向いてやるしかないと思って活動をしていました。


そんなある時、委員でつながるコーヒー関係者、具体的には
バリスタ委員会の富川委員長とお目にかかる機会があり、
「何かできることがあれば・・・」と有り難いお声がけを頂きましたので
「その際は何卒よろしくお願いします」とご挨拶をしてその時は終えました。


そして1ヶ月ほど経った頃、ローストマスターズ委員会の内田委員長から
「JCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)で
 ファリナリストが焙煎したコーヒーがあるけど・・・よかったらボランティアで使ってください」と
お声がけいただきました。


そう、富川委員長が 内田委員長にお声がけをしてくださったのです。


思いも掛けない嬉しい出来事に、どのようにして活用させていただこうかと思っている最中に、
そう! あの事件が起きたのです。


「大阪府北部地震」
「北海道胆振東部地震」


日本中が不安に包まれた時期がありましたね。


もう、広島だけではなくなってる・・・

そうだ、日本全体でがんばらないと!!


そこでSCAJの方にご相談をさせていただきました。


SCAJ事務局 佐々木事務局長には日頃からお世話になっているのですが、
色々とお立場もある中、「協力します!」と二つ返事だったと記憶しています。


しかしながら、やはりお立場もありますので
いくつかの懸念事項をクリアにできればならず、
皆様のお力添えあって無事に実現することが叶いました!!!



以上が、経緯について大まかな流れとなります。


義援ドリップバッグ.png

以下は、「がんばろう!日本」義援ドリップバッグコーヒーの製作・販売
ご尽力くださいました皆様方をご紹介をさせていただきます。


●ご協賛●  SCAJローストマスターズ委員会 様
(生豆ご協賛)ワタル株式会社様、ECOM COFFEE様、CAFE IMPORTS様

● 製造 ●   株式会社三洋産業様、有限会社浪漫珈琲様、Styling coffee

● 販売 ●    SCAJ事務局様、 SCAJバリスタ委員会様、ボランティアスタッフ様

● 集計・振込 ● SCAJ事務局様
※製造経費は、最終SCAJ事務局にてご負担くださいました。誠にありがとうございました。



その他、特別に「募金」という形で
バリスタ委員会メンバーの皆様がご支援くださいました。


根岸委員
後藤委員
早川委員
上田委員
上野委員
本郷委員
野田委員
斎藤委員
富川委員
阪本委員
井田委員
良本委員
松原委員
岩瀬委員

計 14名様 合わせて 38,000円
本当にありがとうございました!!!


皆さんに事情をお話するや否やすぐに手を差し伸べ、
お金を惜しみなく積み上げてくださった
委員メンバーの皆さんの心意気に 感動で思わず涙がホロリとなるシーンもありました。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4074.jpg
気になるドリップバッグは、短期間での製作だったため、
裏面印刷のみで製造。このSCAJに間に合わせるためにはコレが精一杯でした。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_406d.jpg
しかしながら、デザインがないものは販売は難しいという事で、
私の方でおもて面に変わる差し込みチラシを制作させていただきました。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40ec.jpg
詰め込む作業は、バリスタ委員会のボランティアスタッフの皆様に
全力でサポートしていただきました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40eb.jpg
委員長のお声がけにより急きょ動いてくださったボランティアスタッフの皆さん、
ありがとうございました!!!


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40e4.jpg

SCAJ2018の開催3日間の販売は
SCAJ事務局&バリスタ委員会の全面バックアップがあり、
ブース販売をしていただいた結果、54,650円ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
お買い上げくださった皆様に感謝です。


委員メンバーからの募金と合わせまして、
92,650円が今回の義援金として「日本赤十字社」の方に
10/25付でお振込頂きましたことを事務局よりご報告を受けました。



義援金振込明細票のコピー.jpg


その他、販売しきれなかったドリップバッグは、
厚真町災害対策本部救護部 救護班へ
義援コーヒー書状.pdf のような形で寄付されております。


当初は、SCAJ事務局の公式HPからご報告される予定でそれを公式としてお待ちしていましたが、
大人の諸事情により発起人である私、神原より僭越ながらご報告をさせていただいた次第です。


形にないものを形にすることの難しさに痛感する時期もございましたが、
最後はやはり、コーヒーでつながる皆さんのお力添えにより
実現できましたこと、心より感謝しております。


数珠つなぎのような形でお一人お一人のお気持ちが
義援金を贈るためのコーヒー・ドリップバッグの形となりました。


コーヒーでつながる人たちの想い、
信じてドリップバッグをお買い上げくださった方々、
SCAJ事務局をはじめ関係者のお力添えくださった皆様方に
心よりお礼を申し上げます。


本当に、本当にありがとうございました!!!



最後になりましたが、被災されている皆さまにおかれましては、
1日でも早く安心・安全な日常を取り戻されます事、
復興をはじめ、コーヒーのある豊かな時間を送る日々が戻ることを
心よりお祈りしていますかわいい


タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 17:00| Comment(0) | News !!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: