2017年12月23日

ひろしまみなとマルシェご来場のお礼 × おいしい時間 - 後篇 -

皆さま、こんにちは!

昨日に引き続き、Styling coffee オフィシャルBlog 「 コーヒー ∞ わたし 」
ご覧いただいている皆さま、本日もありがとうございます!!

さてさて、後篇では
おいしいコーヒーと出逢ったことが幸せか?果たして不幸なのか?
というお話から始めさせていただきまするんるんるんるんるんるん



この質問をいただいた時の私の答えは、、、、
答え方を選ぼうとしましたが、選ぶ必要はないと思って答えました。


もちろんその答えは、「No(ノー)」
「 不幸なんかじゃないexclamation×2です。


なぜなら、たとえたった一度の体験でもあっても、
人はまたその美味しさを求め、新たな美味しさに出逢えるからですぴかぴか(新しい)


IMG_6458.JPG


だからこそ、おいしい体験をすることで、
日々の暮らしの中に取り入れることができるヒントとなったりします。

また経験値が上がることで、自然と選ぶもの・普段口に入れるものも変わってくると考えるからです。


しかし大切なのは、
とびっきりの美味しさを生んだ理由がどこにあったのか? 
だと思います。

これはコーヒー問わず、食にも通じるところですね。


コーヒーの場合・・・

    あの日、あの時、ここで飲んだ一杯のコーヒー。


    誰が淹れてくれたっけな?


    どのようにして淹れられたコーヒーだったかな?


    銘柄はなんだったっけ?


    確か、こんな風に飲むと美味しいと言われたような気がする。。。



私が考えるおいしいコーヒーとは、
素材そのものが良いこと。
しかしながら、最高に良い素材にも叶わないコーヒーもあると私は思います。


それは、おいしいコーヒーには、必ず「空間」や「美味しさを感じさせる 
条件が整った時」が、その方にとって ぴかぴか(新しい) 最高においしい!ぴかぴか(新しい)となるからです。


その条件に一歩でも近づけることがStyling coffee ができること、
また やらなければならない役割 と考えております。



 「コーヒーのある豊かな暮らし。」



豊かさは人それぞれ価値観が異なりますから、
その価値観にフィットするよう私も日々精進し Stying していきたいと思いますし、

ご縁あって逢うべくして逢うことができた人たちには
最高に美味しいコーヒーを見つけていただきたいです。


もちろん、当Blog ご愛読者の皆さまも同様です。



ぜひ味わってくださいね!



images.jpeg




余談ですが、この有り難いご質問をきっかけに、
私もある気づきをいただき、決意をしました。


その決意は、さか上ること今夏のことでした。
このブログにも綴りましたが、そのご報告はまだできておらず申し訳ございません。


現在進行中で来るべき時が来たら、当Blogで必ずご報告をさせていただきます!


140521promises-thumb-636x358-74990-300x169.jpg


またこの1年いろんなところでコーヒーを淹れさせていただき、
地域がら、男女別、年代別に 面白いほど「嗜好が異なる」ことを
改めて勉強をさせていただきました。



ただ、共通してみなさんにお伝えしたいこと・・・

それは、
おいしいコーヒーは、淹れる前から
わたしたちにいろんな美味しさを運んできてくれます。


その効果が、心身ともに良い効果をもたらしますので、
ぜひ以下のポイントをご参考にしてください。


@ 選ぶ楽しさ    

 種類やレシピ(濃度感、抽出器具)
 → 今の気分、自分の好みに合わせる(満足感・安心感)


A 香りのボリューム 

 豆を挽いた時に放つ香り Fragrance (フレグランス)
 → 香りを嗅ぐことでリラックスする(副交感神経の安定・食欲増進)


B 香りの質 -その1-   

 コーヒーがお湯に触れた瞬間に香りが広がり、ワクワクさせてくれる
 → 香りが強く感じることで、よりリラックスする(精神を安定し、意欲増進)
 さらに、鮮度が良くコーヒーの膨らみから高揚感からおいしさを期待する


C 香りの質 -その2-     

 淹れ終わり、カップに注ぎ鼻を近づけた時に香る液体から立ち上るコーヒーの香り Aroma (アロマ)
 → スペシャルティコーヒーの場合、様々な香りのイメージが湧く。(副交感神経の安定・食欲増進)


D 香りの豊かさ   

 口に含んだ瞬間から広がる風味とFlover (フレーバー)、甘さで消えていく美味しさ(満足感と幸福感)

 特にCDは、スペシャルティコーヒーならではの価値あるおいしさとその対価によって
 得られない幸福感だと思います。
( 私は高価なコーヒーばかりを勧めるわけではありませんのでご安心ください )



以上、5つのタイミングでコーヒーがもたらす “ おいしい時間 ” においては、
COFFEE LOVERSの皆さまは、気づいていらっしゃることかもしれませんが、
この時季だからこそ、このタイミングを注視して、美味しいコーヒーで存分に感じ
癒されてください。


忘年会やイベントも多いこの時季は、
楽しい時間と代償に、深夜遅い帰宅が体も冷やしたり食べ飲み過ぎて
胃腸の調子が優れない方も多いのではないでしょうか?

私も反省する今日この頃です。



だからこそ!
こんな時は、おいしいコーヒーを飲みましょうね。




ご自身のために、あるいはご家族のために。
ぜひ美味しいコーヒーを淹れてあげてくださいね。



DSC04201.jpg



年の瀬迫る今日も、コーヒーでつながる人たちが、
ぴかぴか(新しい)コーヒーのある豊かな時間をお過ごしになられますようにぴかぴか(新しい)



タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 18:00| Comment(0) | イベント開催報告

2017年12月22日

ひろしまみなとマルシェのご来場のお礼 × おいしい時間 -前篇-

2017年も残すところ、あと10日間をきりましたねあせあせ(飛び散る汗)


年の瀬迫る今日。
当Blogをご覧いただきご愛読者の皆さま、誠にありがとうございます。


また先週末に開催されました「ひろしまみなとマルシェ」
ご来場くださいました皆さま誠にありがとうございました!

そして、Styling coffee が Coffee Diretionさせていただいております
「Umi Cafe」にもご来店くださいました皆さまぴかぴか(新しい)
誠にありがとうございました!

IMG_2807.JPG IMG_2823.JPG

今月は、クリスマスバージョンぴかぴか(新しい)
極寒の中、お越しいただけるお客様に笑顔でお迎えし、
出演者・出店者・事務局スタッフメンバー皆さんも頑張りました!


IMG_2809.JPG IMG_2821.JPG

今月は、1名負傷のため 3名+oneで力を合わせ、
たくさんのお客様にコーヒーを淹れさせていただきました。

IMG_2824.JPG IMG_2822.JPG

気になるスイーツ×コーヒーのマリアージュセットは、
今月は南区東雲にお店を構えるパンもスイーツも本格的なお店
Bruke (ブリュッケ)さんのクリームサンディ(マロン)と(カシス)でした。


それぞれに合うコーヒーをセレクトし、より多くのお客様に楽しみやすい価格に改定。
このおいしさをご体感いただくために
メンバーでたくさんの種類からスイーツを選定しこの日を迎えました。


結果・・・
おかげさまで  かわいい 30セット完売 かわいい


リピートして下さるお客様も増えてきており、
今では、毎月お目にかかれるだけでもハッピーなのに、
「寒い中での営業だから〜」と差し入れを頂いたり・・・とあせあせ(飛び散る汗)

その他、コーヒーのこれからの発展について
他業界の諸先輩方から有り難いお言葉を頂いたりと・・・
本当に広島の皆さんの優しさが心に染みた年内ラストを飾るマルシェ営業となりましたぴかぴか(新しい)


Umi Cafe メンバーにおいては、
コーヒーを提供できることの楽しさや厳しさを学ぶその純粋な姿勢に
私は胸が熱くなりました。

約1年と8ヶ月、教室に通ってくださったお客様が、
プロとして提供するコーヒーで喜ばれるたくさんのお客様の笑顔。

間近で見ていると、感慨深い営業となることは
ご想像いただけますでしょうか?



なので、寒さは自然と気にならないものです。


IMG_2818.JPG
時々、ワンちゃんやニャンコ連れのお客様もお見えになります。
この日は、ワンちゃんもコーヒーの香りに釘付けでした。笑


メンバーと一緒に、私もこの豊かな時間を共有させていただけることに感謝し、
Umi Cafe が皆さまから愛されるお店に独り立ちできるまで。
可能な限り、私も一緒に店頭に立ち続けたいと思います。

毎月第3日曜開催です。皆さま、宜しくお願いします!




さて、先回の記事でお客様から質問いただいたことから
ご愛読者の皆さまにも自問自答していただくお願いがありましたが、
お考えいただき、お答えは見つかりましたでしょうか?


「この美味しさを知ってしまった自分は、
 本当に幸せなのでしょうか?」

「この美味しさがまた味わえないかもしれないのに、
 体験してしまったことは不幸なのではないか?」


自問自答し忘れてた方???
今一度お願いしますね。

このまま書き綴りたい気持ちはあるのですが、
ついつい長く書きすぎてしまいます。ごめんなさいm(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)


つづきは、また明日に「後篇」として
書くことにしますねるんるん


最後まで読んでくださったご愛読者の皆さま、今日もありがとうございます!

タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 21:00| Comment(0) | イベント開催報告

2017年12月15日

HIROSHIMA COFFEE FESTIVAL 2017&大人のクリスマス講座 開催のご報告 <後編>

つづいて後編では、「大人のクリスマス講座@ちゅーピーカレッジ」11/29開催について
書かせていただきます。

前編「HIROSHIMA COFFEE FESTIVAL2017」をご覧でない方は、
▲▲▲ そちらからご覧いただけますとよりわかりやすいかと思います。


もう世間はクリスマスをお祝いするモード一色ではありますが、
Styling coffeeは、有り難いことに一足お先にクリスマスを感じる
イベント&レッスンを開催をさせていただく機会をいただきました。



そのイベントとは・・・



IMG_2022.JPG


宮沢賢治「よだかの星」の世界感を朗読と音楽で壮大に感じる中、その場面転換で
大人のクリスマスを演出した空間美味しいコーヒー・マリアージュの世界
スタイリングをさせていただきましたぴかぴか(新しい)


IMG_2457.JPG

テーブルに素敵なツリーや飾り付けをして下さったのは、Mou(ムゥ)さん。

わたしのつたない言葉を具体的にカタチにしてくださいました♫

お忙しいシーズンに無理なお願いとリクエストにお応えくださいました
フローリスト makiさん。本当にありがとうございました♡



IMG_2451.JPG

IMG_2452 2.JPG

当日の講師を務められました素敵なハットを被られていらっしゃるのが、
作曲家&指揮者である松本憲治先生。

赤い素敵なワンピースをお召しなのが、朗読をご担当されたのが
元NHKアナウンサーの藤野能子先生です♡


どちらも素敵で独特なオーラをもった先生でしたぴかぴか(新しい)


そして、ちょこちょこっと一緒に映っているのが、
当Blogご愛読者の皆さまでしたら、もうおわかりですよね? 笑。

Umi Cafeメンバーの皆さんですかわいい


今回は定員50名様のところ、少し上回るお申込みがありましたぴかぴか(新しい)


そこで、美味しさを選ぶ愉しみも味わっていただきたかったので、
自分に新たなチャレンジで務めるということと
Umi Cafeメンバーの皆さんもステージに上げてあげたかったという想いから
今回メンバーに加わっていただき、主に抽出をサポートしていただきました。


課題のスイーツペアリングは7種類のスイーツや焼き菓子を3種盛りで
パターンは6つアレンジでプレートをつくりご提供するということで、
スタッフメンバー含め「総勢60名様分のコーヒー・スイーツのセット」
準備させていただきました♫ 

コーヒーは5種類のうち2種類の飲み比べを6パターンご用意し、
コーヒーマリアージュセットをとして、6パターンのプレートを準備し
受講生の皆さまにお愉しみいただきました♫ぴかぴか(新しい)

6パターン×10プレートで60名様分ということですねかわいい

(写真は、並べたかと思うとすぐにサーブするというタイトな状況であったため、
 納めれず雰囲気がお届けできず、申し訳ありません)


結果は、かなり苦戦しました。笑

宮沢賢治とコーヒーをどのようにスタイリングしたのかをお話しようか?と
色々と考えてはいたものの、そういったことがお話できないくらい色んなハプニングがあり、
限られた時間で会場に収まりきらない受講生であるお客様たちをどう愉しんでいただこうか?

ただただ、頭の中はそのことでいっぱいでした。


お帰りの際に、「美味しかった〜」というお声をかけていただけたことでの安堵感と
1番の有り難いご褒美を感じました


そして、Umi Cafeメンバーの皆さんと一緒にこのミッションを乗り越えれたことも
私にとっては 胸が熱くなる感無量で幕を閉じました。



なかなか個別にお話をさせていただくことは難しかったこの時間でしたが、
お客様のお顔を拝見していると、その他の単発のイベントでコーヒーを通じて出逢えた方の
チラホラお顔が見えたり♡


こんなことってあるの??

それくらい嬉しくって。有り難くって。
感謝しかありません。


もちろん、ちゅーピーカレッジ様からこのような機会をいただけたおかげであることと、
中国新聞でも告知いただいたことで、それを偶然見たお客様も申し込んで下さったのだと思います。


IMG_1901.JPG

本当に、このようなステージをいただけること
有り難く、大切にまた振り返りたいと思います。

講座中の雰囲気は、、、、残念ながら余裕がなく押さえることができなかったのと、
今回は不特定多数のお客様のご参加ということで、ちゅーピーカレッジ様も写真を差し控えさせられておりますので
当Blogでも差し控えさせていただきますm(_ _)m


ご参加くださいましたお客様をはじめ、講師の松本先生&藤野先生、そして運営関係者スタッフの皆さま、
全ての皆さまにお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました!



それにしても今年は、たくさん走ってきました。


それは・・・
「広島の皆さまに美味しいコーヒーを知ってほしい。」
 時間が許される限り・・・
「美味しいコーヒーをお届けしたい。」
「コーヒーのある豊かな暮らしを提案したい。」
「コーヒーを扱う人・これから目指す若者たちに何かの道標にでもなれば。」

 さまざまな想いからでした。



私一人のできることは、本当にしれていますが、
でも一杯のスペシャルティコーヒーは、この上ない美味しさを放ちます。

本当にその人のために淹れたコーヒーは、最高に美味しく感じていただけるのです。

そのことを知っているから、
そのことで私も人生を変えられた一人だから、行動するのです。


しかしながら言い換えると、コーヒーだけでは放つことはできないのは
少し哀しいお話です。


なぜなら、コーヒーは「生鮮食品」であり、「美味しさの旬」があり、
淹れ手、飲み手によって美味しいポイントも好みもさまざまだからですね。


だから、コーヒーは難しい。ではなく、
美味しさの可能性は無限大(∞)にあるとして、
当Blogのタイトルに「コーヒー ∞ わたし」とさせていただいておりますように、
その美味しさを知っていくこと探究していくことが、
いつしか、コーヒーがもたらす豊かな暮らしを過ごしていること
気付いてほしいと、私はいつも思っています。

 ・
 ・
 ・

そんな中、今年出逢ったあるお客様から問われたことがあります。


「この美味しさを知ってしまった自分は、
 本当に幸せなのでしょうか?」


「あなたが淹れるコーヒーがこんなに美味しくって知ってしまった今、
 あなたが淹れ続けなければ、わたしたちは飲めないのだから
 それは返って不幸せなのではないか?」と。


 ・
 ・
 ・


 さぁ、私はどのようにお答えしたと思いますか?


 また当Blogのご愛読の皆さまにおかれましては、どのようにお考えになりますか??


 ・
 ・
 ・

このまま想いもままに記したい気持ちもありますが、
そろそろ長くなってきましたので、つづきは、次ページに記させていただきます。


その間、ご愛読の皆さまご自身である「わたし」にも
自問自答をしていただけましたら幸いですm(_ _)m


DSC04201.jpg

タグ:Styling coffee
posted by Saori K. at 14:00| Comment(0) | イベント開催報告